11月17日(日曜)原子力防災訓練

更新日:2019年12月12日

 「大津市原子力災害避難計画」に基づいて、原子力災害時の市民への避難行動の円滑化等を目的として、11月17日(日曜)小松学区を対象に、「大津市原子力防災訓練」が行われました。
 福井県大飯原子力発電所でトラブルが発生し、放射性物質が漏れ、大津市内の一部で放射線量が基準値を超えたとの想定で訓練を実施しました。

スクリーニングの様子1
スクリーニングの様子2

 訓練では、地域の連絡網による情報伝達訓練、屋内退避訓練の後、肌の露出を控えた服装で、避難中継所と見立てた小松小学校体育館への一時移転訓練を行い、汚染検査のスクリーニングを受けました。
 訓練後には、原子力防災講習会が開かれ、放射能の基礎知識、大津市原子力災害避難計画等の説明に、集まった市民の皆さんは、真剣に耳を傾けていました。

原子力防災講習会の様子1

 

詳しくは、危機・防災対策課まで
電話番号:077-528-2616

この記事に関する
お問い合わせ先

政策調整部 広報課
〒520-8575 市役所本館2階
電話番号:077-528-2703
ファックス番号:077-522-8706

広報課にメールを送る