神永 朱美さん

更新日:2018年08月27日

神永 朱美さんの顔写真

akemi kaminaga blowing glass

吹きガラス工芸品の製作・卸売り・小売販売
吹きガラス体験教室・イベント開催

神永 朱美さん

1. 起業への思い

社会人となって初めて勤めた会社が、観光地という立地にあるガラス専門の販売店であった。ここで学んだことは、社会人としての基礎やお客様との応対、礼儀作法のみならず、商品への理解やお客様のニーズを聞いてそれぞれに合ったものをご提案するということであり、今後の人生の考え方や生き方が少しずつ形成されることとなった。観光地ということもあり、旅の思い出に自分や大切な人への贈り物として購入いただくガラス製品が、思い出をさらに幾層にも積み上げてリピーターやご紹介のお客様が来店されることへの感謝と喜びの気持ちが、いつしか自身が「売り手ではなく作り手になりたい」という思いへとつながった。2009年、作り手への道を歩み始め2011年には京都の師匠に弟子入りを果たした。

そして2017年2月 吹きガラス工房「glass imeca」を大津市に設立、神永朱美さんのチャレンジの第一歩が始まった。

2. ガラスの魅力とは

工房でガラスを作る神永さんの写真

普段の食卓が、いつもと少し違って豊かに感じられることが食器としてのガラスにはある。ガラスは美しくも素朴にもなる。上質にもナチュラルにもなる。かたい表現も柔らかな表現もできて使う人が望む通りのスタイルを表現してくれる。どこか懐かしくもあるガラスだか、モダンでおしゃれな演出をしてくれる。一人でも多くの方に、こんなガラスの魅力を感じながら暮らしやお店・職場を彩ってもらえることが、神永さん自身の願いである。

3. お客様への思い

使い手としてのお客様が望む生活やシチュエーションをお尋ねして思いを込めて作りあげたガラスで幸せや豊かさを提供したい。大切な人へ贈り物としてどんな想いを伝えたいのかをお尋ねして思いを込めて作りあげたガラスで贈る人と受け取る人の両方をガラスで幸せにしたい。「大切に作って、納品していきます。」と、神永さんの言葉は、ごく自然な彼女の日常を感じさせてくれる。

また、“吹きガラス体験のイベント”なども実施し、ガラス作品作りの楽しさを知ってほしい。

4. 2017年(起業1年目)の活動の紹介

神永さんのガラス作品の写真

4月19日~5月15日 第31回全国手作りガラス展 金沢市

4月22日、23日 大阪梅田スカイビル Art MACHI Museum

5月17日~23日 札幌大丸 日本のものあわせ

5月28日 アトリエ華松 風薫るランチ会(食器使用)

6月9日~11日 大津西武百貨店 1階エントランス

6月14日~20日 京都大丸 京のものあわせ

7月8日~16日 アトリエコペリト 岸和田のギャラリー

8月9日~15日 大阪高島屋 6階食器売り場

​8月30日~9月5日 阪急百貨店 カレーとカレーのための器展

12月23日~12月31日 工房でのガラス体験

5. 今後の目標は?

コンクールに出て賞をとって作者として付加価値を上げていく。作家の多くの方は、そのような道を探られますが、私の場合は、コンクールや賞よりも目の前のお客様の想いをしっかりとお聞きして満足していただける作品を提供していきたいと思います。一歩ずつ、一歩ずつ・・・

 

2018年で起業して1年。今後の活動が楽しみです。

関連リンク

お問い合わせ先

政策調整部 人権・男女共同参画課
〒520-0047 大津市浜大津四丁目1-1 明日都浜大津1階
電話番号:077-528-2791
ファックス番号:077-527-6288

人権・男女共同参画課にメールを送る