大津市が発注する建設工事に関する要綱等の改正について

更新日:2020年06月01日

令和2年4月1日より検査要綱等を改正しました。

改正した要綱等は以下のとおりです。

(1) 大津市工事検査要綱(昭和48年6月1日施行)【改正】

  • 検査体制を見直しました。
  • 瑕疵の表現を民法改正に併せ明確化し、責任所掌に関わる事項を追記しました。
  • 引渡しを要しない等の緊急工事において成績評定を省略できるように改正しました。

(2) 大津市建設工事監督要綱(平成10年12月1日施行)【改正】

  • 不明瞭な箇所について修正及び他要綱等と表現を統一しました。
  • 契約の履行のため受注者に求める書類及び手法について改正しました。

(3) 大津市建設工事監督要綱の細部運用方針(平成10年12月1日施行)【改正】

  • 土木工事、建築工事の基準を統一及び一部差別化し明確化しました。

(4) 大津市建設工事中間検査実施要領【新設】

  • これまで中間検査について明確な基準が存在しないことから新たに策定しました。
  • 原則5,000万円以上を対象とし、特記仕様書等で指定することにしました。

(5) 大津市工事検査基準(平成18年6月1日施行)【改正】

  • 独自基準を廃止し、国・県と同様の検査基準としました。

詳細につきましては、契約検査課のページをご覧下さい。

この記事に関する
お問い合わせ先

総務部 契約検査課
〒520-8575 市役所本館5階
電話番号:077-528-2720
ファックス番号:077-521-0419

契約検査課にメールを送る