新型コロナウイルス感染症に係るイベントに関する令和3年8月31日までの対策

更新日:2021年06月18日

滋賀県の「コロナとのつきあい方滋賀プラン」に基づき、令和3年8月31日までの感染拡大防止対策は、下記のとおりとします。

新型コロナウイルス感染症に係る市の施設及びイベントに関する対策について(8月31日まで)(PDFファイル:144.1KB)

イベント開催制限の基本的な考え方

  • 必要な感染防止対策が担保されている場合には、収容率と人数上限でどちらか小さい方を限度
  • 全国的な移動を伴うイベントや参加者が1,000人を超えるイベントを開催予定の場合は、滋賀県新型コロナ対策相談コールセンター(電話番号 077-528-1344 平日9時から17時まで)へ相談

令和3年8月31日までのイベント開催について

収容率と人数上限でどちらか小さい方を限度とします。

詳細
収容率の目安 人数上限の目安
大声での歓声・声援等がないことを前提としうるもの
・クラシック音楽コンサート、演劇等、舞踊、伝統芸能、芸能・演芸、公演・式典、展示会 等
・飲食を伴うが発声はないもの注1
100%以内
席がない場合は適切な間隔 (最低限、人と人が接触しない程度の間隔)
・収容人数10,000人超 ⇒ 収容人数の50%

・収容人数10,000人以下 ⇒ 5,000人
大声での歓声・声援等が想定されるもの
ロック、ポップコンサート、スポーツイベント、公営競技、公演、ライブハウス・ナイトクラブでのイベント 等
50%以内注2
席がない場合は十分な間隔(1メートル)

注1 「イベント中の食事を伴う催物」は、必要な感染防止策が担保され、イベント中の発声がない場合に限り、イベント中の食事を伴う場合についても、「大声での歓声・声援等がないことを前提としうるもの」と取り扱うこととする。

注2 異なるグループ間では座席を1席空け、同一グループ(5人以内)内では座席間隔を設けなくともよい。収容率は50%を超える場合がある。    

イベント開催における主な注意点

徹底した感染防止等(収容率50%を超える催物を開催するための前提)

  • マスク着用状況を確認し、個別に注意を行い、マスクの常用着用を求める
  • マスクを持参していない場合は主催者側でマスクの配布等を行い、着用率100%を担保
  • 大声を出している場合に個別の注意、対応等ができるよう体制を整備

基本的な感染防止等

  • 手洗いの奨励、施設内の消毒、消毒液の設置、手指消毒、十分な換気
  • 入退場・待合時の密集回避、身体的距離の確保、飲食の制限、イベント前後の感染防止の注意喚起
  • 参加者・出演者の制限(検温、有症状者の出演・入場の防止、入場を断った際の払い戻し措置)
  • 参加者の把握(事前予約や入場時に連絡先を把握、新型コロナウイルス感染拡大防止システム「もしサポ滋賀」や接触確認アプリ「COCOA」の奨励)

イベント開催の共通の前提

  • 入退場やエリア内の行動管理、地域の感染状況に応じた対応

滋賀県ホームページ

この記事に関する
お問い合わせ先

総務部 危機・防災対策課
〒520-8575 市役所新館2階
電話番号:077-528-2616
ファックス番号:077-523-2202

危機・防災対策課にメールを送る