市民とともに、市民本位の行政スタイルをめざして「大津市行政改革プラン(平成18年度~平成21年度)の取組成果等」

更新日:2018年08月27日

本市では、少子高齢化など社会情勢の変化や地方分権の進展、厳しい財政状況に対応していくため、平成18年8月に平成21年度末までの4年間に取り組むべき項目を掲げた「大津市行政改革プラン」を策定し、これまで「地方分権時代にふさわしい簡素で効率的な行政システムの構築」と「スピーディーな対応と質の高い行政サービスの提供」を目標に、経営の視点、協働の視点、健全財政の視点から新しい時代に対応した効率的、効果的な行政運営に向けた取り組みを積極的に進めてきました。

これらの取り組みについては、当初の計画以上に成果を挙げたものや、概ね目標を達成したものも数多くありますが、その反面、様々な取り組みを実施するものの、予想以上の厳しい財政状況の影響等により当初の計画のとおり推進が図れなかったものなどもあります。

これら4年間の取組内容や成果等を次のとおり取りまとめましたのでお知らせします。

なお、引き続き取り組んでいく必要のある項目や、公共施設のあり方など、全庁的に取り組む必要のある項目については、平成22年度~平成28年度を取組期間とする「(新)大津市行政改革プラン」(下記リンクご参照)へ継承しており、今後も職員一丸となって、積極的に行政改革に取り組んでいきます。

デジタルブック版

画面上でページをめくりながらご覧になる場合は「デジタルブック版」をお勧めいたします。
デジタルブックの操作説明は下記リンクをご参照下さい。

ダウンロード

保存される場合は、下記のPDF版をご利用ください。

この記事に関する
お問い合わせ先

総務部 行政改革推進課
〒520-8575 市役所別館2階
電話番号:077-528-2708
ファックス番号:077-523-1680

行政改革推進課にメールを送る