新生児聴覚検査費用の一部助成について

更新日:2021年04月01日

令和3年度から新生児聴覚検査にかかる費用の一部を助成します。

生まれてくる赤ちゃんの1,000人のうち、1~2人は耳のきこえに障がいがあると言われています。
この検査は、赤ちゃんが眠っているときに小さな音を聞かせて、その反応をみる検査です。早期に発見できると言語発達への影響が最小限に抑えられることがわかっています。大切な赤ちゃんのために検査を受けましょう。
大津市では、聴覚障害の早期発見と経済的負担軽減のため、費用の一部を助成します。

対象者

大津市に住民票があり、令和3年4月1日以降に出生された方
(注:令和3年3月31日以前に出生された方は対象となりませんのでご了承ください)

助成額

一人につき上限3,000円
(上限を超える費用は、自費でお支払いください)

使用方法

  • 県内医療機関の場合
    「新生児聴覚検査受診券」を母子健康手帳とともに医療機関に提出のうえ、受検してください。
  • 県外医療機関の場合
    あらかじめお近くのすこやか相談所において手続きが必要となります。

その他

対象となる方には順次、通知文と受診券を送付しています。令和3年4月末までに届いていない場合は、健康推進課までお問い合わせください。
また、検査結果に応じて、市からご相談の窓口のご案内等を差し上げることがあります。

 

この記事に関する
お問い合わせ先

健康保険部保健所 健康推進課
〒520-0047 大津市浜大津四丁目1-1 明日都浜大津2階
電話番号:077-528-2748
ファックス番号:077-523-1110

健康推進課にメールを送る