新型コロナ関連 自宅で療養をした期間の証明書(自宅療養証明書)について

更新日:2022年08月05日

インターネット上で表示できる療養証明について

「HER-SYS(新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理システム)」を活用して、ご自身のスマートフォン等から療養証明書を即時表示することができるようになりました。

療養証明書の交付を希望される方は、原則としてこちらをご活用くださいますようにお願いします。
詳しくは、「HER-SYSを使用した療養証明書表示について」のページをご確認ください。

以下は、書面での療養証明書の交付を希望される方のみご覧ください。
なお、HER-SYSを活用いただいた場合と、書面での証明書の交付の比較は以下のとおりとなります。

発行方法による比較
方法 発行までの所要時間 生命保険における給付額の基準
HER-SYS活用 書面より早い 厚生労働省が定める日数分(有症状者は10日、無症状者は7日)
書面での交付 感染拡大の状況により大幅に遅れが生じます(感染拡大期以外で1か月程度) 書面に記載されている期間分(陽性判明日から療養終了日)

注:生命保険での給付額は加入されているプラン等によりますので、詳しくはご加入の生命保険会社へお尋ねください。

証明書の発行について

大津市保健所では、新型コロナウイルス感染症に罹患され自宅療養していた期間を証明する書類(自宅療養証明書)を発行しています。

こちらの証明書は、申請された方のみに郵送にて順次送付しています。
ただし、感染拡大の状況等によって、お届けまでにかなりの日数を要することがありますのであらかじめご了承ください。
また、個別の発行状況のお問い合わせはお控えいただき、本ページ下部の「証明書のお届け時期等について」をご確認ください。

注:証明書は原則1部のみの送付となります。
保険金請求等の手続でご使用になる場合は、まずは通知書のコピーを提出することで支障ないかを提出先に確認してください。
また、原本はご自身で大切に保管していただきますようお願いいたします。

自宅療養期間について

自宅療養の期間は、陽性判明日から保健所が自宅療養を解除した日としており、必ずしも10日間とは限りません。
特に、以下の期間は含まれませんのでご注意ください。

  • 就業先のルールで自宅療養していた期間
  • ご自身の判断により自宅療養をしていた期間
  • 濃厚接触者として自宅待機していた期間
  • 症状が出てから陽性が判明するまでの期間

なお、療養開始日を発症日に変更することはできかねます。ご了承ください。

自宅療養期間

申請フォーム

注:証明書の発送は個人ごとに行っていますので、複数人同時にご申請いただいた場合でも、発送時期が異なることがあります。あらかじめご了承ください。

生命保険会社等が用意した証明書への記入について

大津市保健所では、傷病手当金や生命保険会社等が発行している療養期間を証明する書類等への記入は行っておりません。
自宅療養証明書で代用いただきますようにお願いいたします。

入院及び宿泊療養をされた期間の証明について

新型コロナウイルス感染症の罹患により病院又は宿泊療養施設で療養された期間の証明書が必要な場合は、以下をご確認ください。

  • 病院に入院していた期間の証明書が必要な方
    入院先の病院にお問い合せください。
     
  • 宿泊療養施設に入所していた期間の証明が必要な方
    下記にお問い合わせください。
    滋賀県 健康医療福祉部 感染症対策課 医療調整係
    電話番号:077-528-3582

関連リンク

この記事に関する
お問い合わせ先

健康保険部保健所 保健予防課 感染症対策第1係
〒520-0047 大津市浜大津四丁目1番1号 明日都浜大津1階
電話番号:077-522-7228(感染症対策第1係)
ファックス番号:077-525-6161

保健予防課にメールを送る