新型コロナワクチン接種 電子での接種証明書の申請(接種証明書アプリ)について

更新日:2021年12月22日

接種証明書について

接種証明書には、ご本人様の接種記録等が記載されるとともに、接種記録等の情報が含まれた二次元コードが付与されます。また、「日本国内用」と「海外及び日本国内用」の2種類があるため、用途に応じて申請してください。

 

接種証明書(電子版)の申請にはマイナンバーカードが必要です

スマートフォンの専用アプリから、マイナンバーカードを読み取って電子申請を行うため、申請にはスマートフォン(マイナンバーカードを読み取れるもの)と、マイナンバーカードが必要になります。

電子申請をご希望で、マイナンバーカードをお持ちでない場合は、下記のページをご確認のうえ、マイナンバーカードの申請をしてください。マイナンバーカードは申請から取得までに1~2ヶ月程度の期間を要しますので、計画的な取得をご検討ください。

 

 

アプリのインストール方法

App StoreまたはGoogle Playで「接種証明書アプリ」と検索して、インストールできます。

アプリのインストール方法

 

 

電子申請の流れ

  1. 日本国内用か海外用のどちらを発行するかを選択
    (海外用の場合、日本国内用の証明書も併せて発行されます)
  2. アプリで券面事項入力補助用暗証番号注2を入力した後、マイナンバーカードを読み取る
    (海外用の場合、パスポートの情報もアプリで読み取ります)
  3. 接種時に住民票のある市区町村を選択
  4. 二次元コード付きの接種証明書がスマートフォン上に発行される注1

より詳細な内容は、デジタル庁のホームページをご確認ください。

注1 発行された接種証明書の接種記録をご確認いただき、お手元の接種を証明する書類の記載内容と相違がある場合は、大津市新型コロナウイルスワクチンコールセンターまでご連絡ください。

注2 券面事項入力補助用暗証番号とは、マイナンバーカードを窓口で受け取った際にご自身が設定した4桁の数字です。
暗証番号をお忘れになった場合や、間違えてロックがかかった場合は、暗証番号の初期化・再設定が必要です。詳しくは、下記のページをご確認ください。

アプリ利用の流れ

 

 

ワクチン接種後に発行される接種を証明する書類を既にお持ちの方は、原則申請は不要です(国内利用の場合)

以下のような書類はいずれも接種の事実を証明するものです。接種回数に応じた以下のような書類を既にお持ちの方は、接種証明として国内での利用ができますので、原則接種証明書を改めて申請していただく必要はありません。

注:上記書類のコピーや、スマートフォンなどで撮影した画像も、国内での接種証明として有効です。  

 

接種証明書 申請方法

 

(1)の方:本ページまたは、デジタル庁のホームページから、電子申請方法をご確認ください。

(2)の方下記のページから、書面申請方法をご確認ください。

(3)の方下記のページから、接種の証明書を紛失した場合の申請方法をご確認ください。

 

 

よくある質問と回答

ワクチン接種証明書アプリFAQ:デジタル庁ホームページ

 

お問い合わせ先

接種証明書アプリに関すること

デジタル庁お問い合わせフォーム
外部リンク:接種証明書アプリに関するお問い合わせ

接種証明書の意義など制度全般に関すること

厚生労働省新型コロナウイルスワクチンコールセンター
電話番号:0120-761-770
受付時間:9時から21時(土曜、日曜、祝日も実施)

マイナンバーカードに関すること

マイナンバー総合フリーダイヤル
電話番号:0120-95-0178
受付時間:9時30分から20時(平日)、9時30分から17時30分(土日・祝日)

この記事に関する
お問い合わせ先

大津市新型コロナウイルスワクチンコールセンター
〒520-0047
大津市浜大津四丁目1番1号 明日都浜大津2階
電話番号:0570-002-092
ファックス番号:077-526-7306

コロナウイルスワクチンコールセンターにメールを送る
(注)ファックスやメールによる接種の予約は受付けておりません。