大津市・草津市の景観連携について

更新日:2022年05月27日

はじめに

大津市と草津市は、古くから「急がば回れ」のことわざを生んだ東海道や、湖国を代表する近江八景でつながってきました。また、互いに琵琶湖を挟んで眺望しあう「見る」「見られる」という関係でもあり、切っても切れない縁のあるまちでもあります。

両市は平成22年の大津草津景観連絡会議を皮切りに、これまで連携協力をしながら景観施策を行ってきましたが、より一層の景観連携を深めるため、令和3年に両市共同で「びわこ東海道景観基本計画」を策定しました。

これからも両市は、近江八景と東海道を介して結びついてきた歴史や文化を踏まえながら、魅力ある景観を守り、つくり、次世代に継承するよう、連携を図っていきます。

対岸景観
東海道統一案内看板

東海道統一案内看板の取り組み

連携の略歴

  • 平成22年  4月 第1回大津草津景観連絡会議
  • 平成25年11月 びわこ大津草津景観宣言
  • 平成25年11月 「びわこ大津草津景観推進協議会」設立
  • 平成28年  4月 「びわこ大津草津景観推進協議会」地方自治法上の協議会へ移行
  • 平成28年10月 対岸眺望ポイント選定
  • 平成29年  7月 東海道統一案内看板ロゴマークに係る商標登録に関する協定書締結
  • 平成30年11月 「東海道統一案内看板設置の手引き」の作成
  • 令和元年  5月 「びわこ東海道景観協議会」設立 (景観法に基づく協議会)
  • 令和3年   3月 びわこ東海道景観基本計画の策定

これまでの取り組み

関連リンク

この記事に関する
お問い合わせ先

都市計画部 都市計画課
〒520-8575 市役所本館3階
電話番号:077-528-2770
ファックス番号:077-527-1028

都市計画課にメールを送る