大津市の市街地および比叡山周遊における、MaaSアプリ「ことことなび」を活用した実証実験を10月16日より開始いたします

更新日:2020年10月14日

企画乗車券購入、観光案内、クーポン、混雑情報機能などを一体で提供、明智光秀ゆかりの地巡りは、アプリのおすすめコースやお得な企画乗車券で

大津市、京阪ホールディングス株式会社と京阪バス株式会社、日本ユニシス株式会社は、坂本・比叡山をはじめとする大津市内における実証実験のMaaS(Mobility as a Service)アプリ「ことことなび」を令和2年10月16日(金曜)からサービス開始します。

MaaSアプリ「ことことなび」は、住民向けと観光客向けで構成。住民向けでは、公共交通とウォーク(健康)の組み合わせによる“健康”ウォーク&ライドキャンペーン(BIWA-TEKUキャンペーン)を実施し、行動範囲の拡大や公共交通利用の促進を図ります。また、観光客向けでは、明智光秀ゆかりの地で注目の坂本や比叡山、大津市内にスムーズにアクセス可能な5種類の1日乗車券の発売に加えて、観光案内、飲食店や観光施設などで利用できるクーポン、話題のイベント・混雑情報を提供し、観光客誘致と地域消費を促します。

今回の実証実験は、コロナ禍における市民生活および商業施設の支援等を通じ、地域観光の振興を図ることを目的に、住民および観光客向けMaaSを通じて、利用者にとっての「安全安心」と公共交通による「便利な移動」を両立した形で各種サービスを提供してまいります。

詳細は下記のPDFファイルをご覧ください。

ことことなびアプリ画面イメージ
ことことなび

関連資料

この記事に関する
お問い合わせ先

建設部 地域交通政策課 
〒520-8575 市役所本館4階
電話番号:077-528-2736
ファックス番号:077-521-0427

地域交通政策課にメールを送る