新入学(園)児と高齢者の交通事故防止運動(令和2年3月15日~4月15日)

更新日:2020年03月18日

新入学(園)児と高齢者の交通事故防止運動の実施!

1.目的

新入学児童・新入園児が通学・通園を始めることにより、子どもの行動形態等が大きく変化する春先の時期は、子どもが交通事故の被害にあうおそれが高くなります。また、高齢者の増加とともに高齢者が関係する交通事故の割合が増加する傾向にあります。

そこで本運動は、新入学児等の子どもと高齢者を交通事故から守るため、家庭、学校、園、地域などが一体となって、啓発や交通安全教育活動を展開し、県民総ぐるみで子どもと高齢者の交通事故防止の徹底を図ることを目的としています。

2.期間

  1. 運動期間:令和2年3月15日(日曜)から4月15日(水曜)までの1か月間

3.運動の重点

  1. 通学路、未就学児を中心に子どもが日常的に集団で移動する経路やキッズ・ゾーンを中心とした交通危険箇所での安全確保
  2. 新入学(園)児と保護者に対する交通安全教育・指導の徹底
  3. 高齢ドライバーを含む高齢者の交通事故防止

かけがえのない命を交通事故から守るために

車を運転される方は、学校、幼稚園、保育園や公園など、子どもの行き来が予想される場所を通行するときや道路上に子どもや高齢者を見かけたときは、徐行や一時停止をするとともに、動きに注意して不意の行動に対応できるようにゆとりをもって運転しましょう。

横断歩道は歩行者優先です。特に、信号機のない横断歩道を渡ろうとする幼児、児童、高齢者を認めたときは、横断歩道の手前で必ず停止し道を譲りましょう。

家庭では、通学・通園路を子どもと一緒に歩き、子どもの目線で危険箇所を確認し注意点を教えてあげましょう。道路では遊ばないことも指導しましょう。

自転車に乗るときはヘルメット、車に乗ったらチャイルドシート、シートベルトの着用を徹底しましょう。

ダウンロード

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 自治協働課
〒520-8575 市役所本館1階
電話番号:077-528-2730
ファックス番号:077-523-0411

自治協働課にメールを送る