秋の全国交通安全運動(令和2年9月21日~9月30日)

更新日:2020年09月01日

秋の全国交通安全運動の実施!

安全運転チラシ

1.目的

本運動は、広く県民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに、関係機関・団体が広報、啓発、交通安全教育活動を展開し、県民による道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより、県民総ぐるみで交通事故防止の徹底を図ることを目的とします。

2.期間

  1. 運動期間:令和2年9月21日(月曜)から9月30日(水曜)までの10日間
  2. 交通事故死ゼロを目指す日 9月30日(水曜)

3.運動の重点

  1. 子どもを始めとする歩行者の安全と自転車の安全利用の確保
  2. 高齢運転者等の安全運転の励行
  3. 夕暮れ時と夜間の交通事故防止と飲酒運転等の危険運転の防止
  4. 横断歩道利用者ファースト運動の推進(滋賀県重点)

かけがえのない命を交通事故から守るために

車やバイクを運転される方へ

子どもや高齢者を見かけたら行動に十分気をつけ、徐行または一時停止するなど、思いやり・ゆずり合いの気持ちを持って運転しましょう。

「車に乗れば必ずシートベルト・チャイルドシート」という着用習慣を身につけ、近距離の移動においても、必ずシートベルトを着用しましょう。

横断歩道は歩行者優先です。
特に、信号機のない横断歩道を通過するとき、横断歩行者がいないかしっかりと確認し、横断者がいれば横断歩道の手前で必ず停止し道を譲りましょう。

夕方、薄暗くなったら早めにライトを点灯しましょう。

飲酒運転やあおり運転、ながら運転は重大な交通事故につながる悪質・危険な行為です。絶対にやめましょう。

歩行者や自転車を利用される方へ

道路を横断するときは、飛び出しや無理な横断は絶対にやめましょう。横断するときは、横断歩道を利用し、左右の安全確認をして車が停止してから横断を始めましょう。

スマートフォンや携帯電話を見ながらや、イヤホンやヘッドホンで音楽を聴きながらの通行は周りの状況がわかりにくくなり危険です。安全な通行方法を心がけましょう。

自転車に乗るときは、子どもだけでなく大人もヘルメットの着用をお願いします。

夕暮れ時や夜間は、車から見えにくいことを意識し、反射材用品の活用、明るい色の服を着用し、自転車に乗ったときはライトを点けましょう。

家庭では、外出する家族に交通ルールを守ることや安全な通行方法などについてひと声かけて、交通安全意識を持たせましょう。また、運転をされる高齢者の方は、体調の変化などに気をつけ無理のない運転を心がけましょう。身体能力の低下や運転に不安を感じたら、運転免許証自主返納についても家族で話し合いましょう。

道路を通行されるすべての方が、交通ルールやマナーを守り、交通事故のない安全な大津市を目指しましょう!

ダウンロード

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 自治協働課
〒520-8575 市役所本館1階
電話番号:077-528-2730
ファックス番号:077-523-0411

自治協働課にメールを送る