秋の全国交通安全運動(令和3年9月21日~9月30日)

更新日:2021年09月06日

秋の全国交通安全運動の実施!

秋の全国交通安全運動チラシ

1.目的

本運動は、広く県民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに、関係機関・団体が広報、啓発、交通安全教育活動を展開し、県民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的とします。

2.期間

  1. 運動期間:令和3年9月21日(火曜)から9月30日(木曜)までの10日間
  2. 交通事故死ゼロを目指す日 9月30日(木曜)

3.運動の重点

  1. 子どもと高齢者を始めとする歩行者の安全の確保
  2. 夕暮れ時と夜間の事故防止と歩行者等の保護など安全運転意識の向上
  3. 自転車の安全確保と交通ルール遵守の徹底
  4. 飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶
  5. 横断歩道利用者ファースト運動の推進(滋賀県重点)

呼びかけ事項

子どもと高齢者を始めとする歩行者の安全の確保

運転者は、子どもや高齢者を見かけたら、徐行または一時停止するなど、その行動に十分気を付けて運転しましょう。

家庭では、外出する子どもや高齢者に対し、自宅周辺の道路の交通危険箇所や身近に起きた交通事故を例にして、安全な道路の横断方法、通行方法などについて「ひと声」かけましょう。

地域・職域などでは、会合、集会などの機会に子どもや高齢者を始め歩行者を守る交通安全行動を呼びかけましょう。

夕暮れ時と夜間の事故防止と歩行者等の保護など安全運転意識の向上

運転者は、薄暗くなったら早めに前照灯を点灯しましょう。前照灯は、対向車や先行車両等、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは下向き、それ以外は上向きと、こまめに前照灯を切り替えて運転し、特に右側から横断してくる横断歩行者を見落とさないように注意しましょう。

また、「車に乗れば必ずシートベルト」という着用習慣を身につけ、子どもには体格に応じたチャイルドシートを正しく取り付け使用しましょう。

歩行者や自転車利用者は、夕暮れ時や夜間は自動車から見えにくいことを意識し、反射材用品の活用、明るい色の服を着用しましょう。

自転車の安全確保と交通ルール遵守の徹底

自転車利用者は、「自転車は車の仲間」であることを認識し、交通ルールを必ず守りましょう。

傘差し運転、スマホや携帯電話を使いながらの運転、イヤホンやヘッドホンで音楽等を聴きながらの運転のような「ながら運転」は絶対にやめましょう。

自転車安全利用五則を守りましょう。

  1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  2. 車道は左側を通行
  3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る
    ・飲酒運転、二人乗り、並進の禁止
    ・夜間はライトを点灯
    ・交差点での信号遵守と一時停止、安全確認
  5. 子どもはヘルメットを着用

飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶

飲酒運転は犯罪であることをよく認識して、少しでもお酒を口にしたら運転は絶対にやめましょう。家庭や地域では、飲酒運転を「しない、させない、ゆるさない」ことを呼びかけましょう。

妨害運転(いわゆる「あおり運転」)は、重大な交通事故につながる悪質・危険な行為です。車を運転するときには、周りの車の動き等に注意し、安全な速度での運転を心掛け、十分な車間距離を保つとともに、無理な進路変更や追越し等は絶対にやめましょう。

横断歩道利用者ファースト運動の推進(滋賀県重点)

運転者は、「横断歩道は歩行者優先」であることを再認識し、特に信号機のない横断歩道を渡ろうとする歩行者を認めた場合、横断歩道の手前で必ず停止し、歩行者に道をゆずりましょう。

歩行者は、横断歩道に接近する車両に対して、手を挙げる等横断する意思表示をしっかりしましょう。道路を横断するときは、必ず横断歩道を利用し、左右の安全確認と、車が停止してから横断を始めましょう。

ダウンロード

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 自治協働課
〒520-8575 市役所 別館2階
電話番号:077-528-2730
ファックス番号:077-523-0411

自治協働課にメールを送る