犯罪被害の状況(統計データ)と防犯情報紙(地域安全ニュース)

更新日:2018年10月15日

滋賀県内におけ特殊詐欺発生状況と特徴、大津市内における刑法犯罪発生状況を毎月更新しています。
また、滋賀県、大津市の犯罪統計データを年に1回、防犯情報を掲載した地域安全ニュースを年に4回更新しています。

詐欺の発生状況と特徴

県内における特殊詐欺被害発生状況(累計)

  被害金額 認知件数

平成30年9月末

202,391,964円

73件

平成29年9月末

303,339,455円 129件
前年比

マイナス 100,947,491円
(マイナス 33.3%)

マイナス 56件
(マイナス 43.4%)

詐欺の特徴

平成30年9月末までに県内では、73件の被害が発生し、被害総額は 約2億240万円となりました。平成30年9月末までの高齢者(65歳以上)の被害者数は31人、被害総額は約8,330万円となりました。

9月(単月)で6件(オレオレ詐欺・架空請求詐欺が各3件)の被害が発生しました。高齢者のオレオレ詐欺被害が1件発生しましたが、騙されたふり作戦により犯人を検挙しています。架空請求詐欺では、インターネットのトラブル名目により、約1,900万円の高額被害が発生しました。

だまし文句、手口 に気をつけて!! (9月に発生した だまし文句、手口)

1.架空請求詐欺

登録料未納というメールが届き、記載されていた連絡先に電話すると「料金を振込んでください。」「支払わないと強制執行手続きをする。」「コンビニエンスストアの電子マネーで支払いを。」と言われた。

2.オレオレ詐欺

自宅の固定電話に「扁桃腺が腫れた。」「会社の金を横領してしまった。」「返金するためお金を用意して。」「弁護士秘書が自宅に取りに行くから渡して欲しい。」と言われた。(騙された振り作戦で犯人検挙)

 

特殊詐欺(突然のトラブル)は、冷静な状況であれば理解出来ますが、慌てていると正しい判断が難しくなります。そんな時ほど一人で判断せず、周りに相談してください 。
電話でのお金の要求は「詐欺」!!見えない電話の相手を簡単に信用しないで、周りに相談をしてください !
特殊詐欺の最近の手口について、周りの人へも話題提供をお願いします。

振込みをしようとしている女性に「詐欺じゃない?」と声をかけるATMのイラスト

関連リンク

市内における犯罪発生状況について

市内の犯罪発生件数(累計)

平成30年9月末 1,354件
平成29年9月末 1,546件
増減数 マイナス 192件

不審者情報メール配信サービスでは中学生以下の被害情報をお届けしています。下記のリンク先より、ご希望の配信サービスを選びご登録ください。

地域安全ニュース (大津市防犯協会発行)

グラフで見る犯罪の状況(平成29年)

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 自治協働課
〒520-8575 市役所本館1階
電話番号:077-528-2730
ファックス番号:077-523-0411

自治協働課にメールを送る
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。