現在の位置

犯罪被害の状況(統計データ)と防犯情報紙(地域安全ニュース)

更新日:2018年8月8日

滋賀県内におけ特殊詐欺発生状況と特徴、大津市内における刑法犯罪発生状況を毎月更新しています。
また、滋賀県、大津市の犯罪統計データを年に1回、防犯情報を掲載した地域安全ニュースを年に4回更新しています。

詐欺の発生状況と特徴

県内における特殊詐欺被害発生状況(累計)

  被害金額 認知件数
平成30年6月末

115,066,190円

51件
平成29年6月末 233,666,319円 94件
前年比

マイナス 118,600,129円
(マイナス 50.8%)

マイナス 43件
(マイナス 45.7%)

詐欺の特徴

平成30年6月末までに県内では、51件の被害が発生し、被害総額は 約1億1,500万円となりました。平成30年6月末までの高齢者(65歳以上)の被害者数は24人、被害総額は約7,350万円となりました。

6月(単月)で9件(オレオレ詐欺が3件、架空請求詐欺が6件)の被害が発生しました。高齢者被害は4件発生し、被害額は約620万円でした。

だまし文句、手口に気をつけて!! (6月に発生しただまし文句、手口)

1.架空請求詐欺

法務省をかたる架空請求ハガキ(消費料金に関する訴訟最終告知)が届き、記載されている連絡先へ電話したところ「利用されていた運営会社から民事訴訟が起こされている。」「訴訟取下げ相談は紹介する弁護士に。」と言われ、弁護士を名乗る者に連絡したところ、コンビニエンスストアで保証金10万円を支払ってください。」言われた。

サイトの退会や訴訟等に関する名目で、依然としてコンビニエンスストアで電子マネーをを購入させたり、収納代行手続きで支払いをさせる手口が多くなっています。

2.オレオレ詐欺

息子をかたり「友人と一緒にしていたビットコインで損失を出した。」「友人が会社の金を使い込んだ。」「お金を何とかしないと俺も逮捕される。」「大阪の弁護士のところまで持ってきて。」と言ってお金をだまし取る手口。

オレオレ詐欺では、被害者を東京や大阪へ呼び出して現金をだまし取る手口が発生しています。

特殊詐欺(突然のトラブル)は、冷静な状況であれば理解出来ますが、慌てていると正しい判断が難しくなります。そんな時ほど一人で判断せず、周りに相談してください

電話でのお金の要求は「詐欺」!!見えない電話の相手を簡単に信用しないで、周りに相談をしてください

特殊詐欺の最近の手口について、周りの人へも話題提供をお願いします。

振込みをしようとしている女性に「詐欺じゃない?」と声をかけるATMのイラスト

市内で起こった犯罪の情報を公開しています

関連リンク

消費生活センター

大津市内の警察署・交番

市内における犯罪発生状況について

市内の犯罪発生件数(累計)

平成30年6月末 920件
平成29年6月末 1,031件
増減数 マイナス 111件

不審者情報メール配信サービスでは中学生以下の被害情報をお届けしています。下記のリンク先より、ご希望の配信サービスを選びご登録ください。

メール配信サービス

不審者情報

防犯パトロールのすすめ(平成30年3月)(PDF:1.5MB)

地域安全ニュース (大津市防犯協会発行)

地域安全ニュース夏号(PDF:871KB)

大津市防犯協会

グラフで見る犯罪の状況(平成29年)

お問い合わせ先
市民部 自治協働課
〒520-8575 市役所本館1階
電話番号:077-528-2730
ファックス番号:077-523-0411
メールを送る

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

防犯,警告,犯罪,詐欺

ページトップへ