緊急速報メール等による災害情報等の配信について

更新日:2019年04月11日

大津市では、平成23年8月4日からエリアメール(NTTドコモ株式会社提供)による災害情報等の配信を開始しました。

また、平成24年2月14日から緊急速報メール(KDDI株式会社提供)、平成24年2月20日から緊急速報メール(ソフトバンクモバイル株式会社提供)による災害情報等の配信をそれぞれ開始しました。

エリアメールや緊急速報メールとは、気象庁が配信する緊急地震速報や、国・地方公共団体が配信する災害・避難情報を、回線混雑の影響を受けずに受信できるサービスのことです。

このサービスは、 事前登録の必要がなく、 対応している携帯電話に対して送信されます(一部端末では、設定作業が必要な場合があります)。

関連リンク

エリアメール及び緊急速報メールを利用して、大津市から配信する場合がある情報は以下のとおりです。

大津市から緊急速報メール等で配信する情報

各種情報は、原則として、発表・発令時のみ送信します。 

  1. 避難準備・高齢者等避難開始
  2. 避難勧告
  3. 避難指示(緊急)
  4. 警戒区域情報 

注意

  • このエリアメールや緊急速報メールについては、各社の携帯電話のうち、対応している機種のみに配信されます。
  • 配信エリアについては、基本的には大津市内ですが、隣接する市の一部にも配信されることがあります。
  • 従来から運用している 防災メールとは異なります。防災メールについては、今までとおり配信されます。

防災メールの登録方法については、「防災メール登録のご案内」をご覧下さい。

特別警報の配信について(気象庁)

平成27年11月19日11時より、気象等及び噴火に関する特別警報について、緊急速報メールでの配信が開始されました。(気象庁)

気象庁が発表する防災気象情報のうち、気象庁から緊急速報メールにより配信するものは、次のとおりです。(気象庁発表の全ての特別警報が緊急速報メールで配信されます)

  • 緊急地震速報(警報)
  • 大津波警報・津波警報
  • 気象等(大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪)に関する特別警報
  • 噴火に関する特別警報

瀬田川洪水情報の配信について(琵琶湖河川事務所)

近年、記録的な豪雨により、全国的に大規模な水害や土砂災害が頻発しています。また、気候変動の影響により、今後はますます洪水の発生頻度が高まることが予想されています。
そこで、瀬田川で大規模な洪水が発生した場合に、市民の皆様の携帯電話やスマートフォンに対して携帯電話事業者を通じて、国土交通省琵琶湖河川事務所から洪水情報が配信されます。
従来のTVやラジオ、防災メール等からの情報のほか、この洪水情報を活用していただき、市民の皆様が自ら水害の危険性を察知し、自主的な避難にお役立てください。

  • 配信の開始日 : 平成29年5月1日
  • 配信エリア: 大津市全域
  • 配信する情報 :瀬田川において河川氾濫のおそれがある(氾濫危険水位を超えた)場合の情報及び氾濫が発生した場合の情報を配信
  • 問合わせ先 : 国土交通省琵琶湖河川事務所調査課(077-546-0867)

この記事に関する
お問い合わせ先

総務部 危機・防災対策課
〒520-8575 市役所新館2階
電話番号:077-528-2616
ファックス番号:077-523-2202

危機・防災対策課にメールを送る