大津市立幼稚園について

更新日:2021年10月15日

幼児期にふさわしい遊びを中心にした教育実践

大津市立幼稚園は明治21年に尋常科大津小学校附属幼稚園として設置されたことから始まり、130年余りの歴史があります。現在は市内に29園があり、多くの子ども達が元気に通園しています。

砂場遊びの写真

大津市立幼稚園では、「遊び」を通して幼児が学ぶ楽しさを知ることを大切にしています。
このことは小学校以降の生活や学習の基盤を培うとともに、社会に出てから自ら考え、すすんで物事を解決しようとしたり、人に関わったりする力の育成にもつながっています。

  • 遊びを中心とした生活の中で、自然やものと触れ合う体験を積み重ね「豊かな心」「健やかな体(基本的な生活習慣・体力向上等)」「思考力の芽生え」を育てます。
  • 友達や様々な人とふれあいを通して「人とかかわる力」「伝え合う喜びや表現力」「よいことや悪いことの区別」「思いやる心」「きまりを守ろうとする気持ち」を育てます。

大津市立幼稚園で育てたい子ども像

大津市立幼稚園教育課程より

はっぱのシャワーの写真
  • 豊かに表現できる子ども
  • しなやかでたくましいからだ
  • 自分を大切に出来る子ども
  • 人と共に生活する喜びを感じることができる子ども
  • ものごとに自らかかわっていこうとする子ども

特色ある各園の取り組み

29園ある市立幼稚園では、園毎に特色を活かした保育活動に取り組んでいます。

  • 自然の中での体験活動
  • 飼育や栽培など
  • 近隣の学校園や地域の人とのかかわり(異年齢交流、世代間交流など)

また、地域の幼児教育センター的な役割を果たすために、各園で様々な子育て支援事業にも取り組んでいます。

  • 親子通園事業(0歳から2歳児までの親子対象)や子育て講座など
  • 預かり保育(在園児対象)
  • 園庭開放

各園での取り組み

市立幼稚園では、各園で地域と結びついた特色のある保育や子育て支援を行っています。詳細は各園のホームページをご覧ください。

関連リンク

この記事に関する
お問い合わせ先

福祉子ども部 幼保支援課
〒520-8575 市役所本館2階
電話番号:077-528-2806
ファックス番号:077-525-3305

幼保支援課にメールを送る