【生涯学習センター】ボランティア連絡協議会「チャオ」の活動

更新日:2021年11月25日

これまでのチャオの活動

科学館展示ホール来館者100万人達成セレモニー

令和3年10月16日(土曜)

科学館展示ホールが令和3年8月に来館者100万人を達成し、生涯学習センターホールにて、「100万人達成セレモニー」が開催されました。

100万人目となられたのは市内在住の3姉弟の子どもたちで、令和3年8月に初めて「わくわくサイエンス」に参加されたとのことです。
島崎輝久大津市教育長とともにくす玉を割ってお祝いしました。
続いて島崎教育長のご挨拶の後、佐藤健司大津市長から子どもたちにプレゼントが贈呈されました。

くす玉制作はチャオ装飾部会が担当し、チャオ会員もセレモニーに参加して一緒にお祝いしました。
科学館の受付・案内を担当している総合サポート部会を中心に、これからも施設ボランティアとして協力していきたいと思います。

装飾部会自主企画「陶芸教室」作陶

令和3年10月13日(水曜)・14日(木曜)

昨年度はコロナ禍のため開催できなかった陶芸教室。
今回の陶芸教室は、感染対策として、人数を絞り時間も短縮、2日間にわけての開催としました。

今回は経験者対象とさせていただいたので、作る物の型紙や必要な道具を持参される方も多く、着々と作品が仕上がっていきました。
講師先生が大事なポイントやちょっとしたコツを個々にアドバイスしてくださり、スタッフもお手伝いしました。

作品はこれから、乾燥、素焼き、釉かけ、本焼きを経て、令和3年11月10日(水曜)に窯出しをし、作品をお渡しする予定です。焼き上がりが楽しみです。

作陶の様子

思い思いに作陶

乾燥の様子

乾燥を待つ作品

「サイエンス屋台村2021」に出展

令和3年7月31日(土曜)

大津市科学館恒例の「サイエンス屋台村2021」に『リングリンググライダーとリンググライダーを飛ばそう』のブースを出展しました。

色紙とストローでリングリンググライダーを、A5のコピー紙でリンググライダーを作成します。

来場の子どもたちは出来上がったグライダーを「どんなふうに飛ばすのだろう」と興味津々で、チャオのスタッフの飛ばし方をまねて、遠くに飛ばそうと何回も挑戦していました。

よく飛んだときは大喜びで、“作って楽しい”ひとときを過ごしました。(K.A)

制作した作品

リングリンググライダー(左)

リンググライダー(右)

チャオスタッフに教えてもらいながら制作する様子

リンググライダー制作中

作った作品を飛ばしてみる参加者

ふわっと飛ばそう

押し花アート教室 ボールペンとはがき作りをご一緒に!

令和3年7月27日(火曜)

チャオからのお誘い「季節の草花や野菜を使って『押し花アート』を楽しんでみませんか?」にアッという間に定員をはるかに超えるお申し込みをいただき増席しての開催となりました。

用意した押し花は、環境部会がお世話をしているプランターと花壇のお花、部員の家の庭に咲く花や畑で収穫した野菜を部員が手作りしたことをお話しすると「こんなに綺麗にできるの!」「これゴーヤ?」。
段ボールとキッチンペーパーを使って押し花づくりができることにも興味を持たれていました。

夏休み期間中で小学生や中学生の参加もあり、子どもならではのアイデアや工夫に「良いやん!」「すごいね!」と和やかにオンリーワンの作品が完成しました。

可愛いお花の力をかりて皆さんを笑顔にしてさしあげられ、環境部員の私たちも嬉しく誇らしい気分になり、これからもプランターや花壇のお世話に精を出します。

ご参加くださりありがとうございました。(N.Y)

押し花アート教室内の様子

ここ大事ですよ!」に集中

押し花アート教室で作られた作品

オンリーワンの作品が完成しました

作品の中のメッセージも押し花で作りました

メッセージも押し花で!

装飾部会 木工研修

令和3年7月13日(火曜)、7月14日(水曜)

各種工作機械・工具の特徴や使用方法を学び確認しながら、各自の作品作りに取り組みました。
講師の川瀬先生に指導していただきながら、作業に没頭しました。

電動糸鋸機、電動丸鋸、ボール盤、ベルトサンダーなどの工作機械、ダボやビスケットによる接合方法など、しばらく使わないと忘れていることもあり、繰り返し経験を積むことが大切だと感じました。

スパイスラックやスツール、パズルや掛け時計など、思い通りの作品が出来上がり、充実した研修となりました。(I.J)

ダボ継ぎで接合

ダボ継ぎで接合するチャオ会員

電動糸鋸機

電動糸鋸機を使うチャオ会員

出来上がった作品

木工研修で出来上がった作品

装飾部会 アトリウム飾り付け「どうぶつたちのオリンピック」

令和3年6月24日(木曜)

いよいよ「東京2020オリンピック」の開幕が近づいてきました。

みんなが一日も早く安心、安全に暮らせる明るい未来を願って、動物たちが平和の祭典オリンピックを開催しました!

3月の飾り付けに続き今回も、いろんな動物や鳥たちが、さまざまなオリンピック種目に挑戦しています。サルがボルダリングをしていたり、パンダがやり投げをしていたり、ネズミがウエイトリフティングをしていたり。

中央では、生涯学習センターのキャラクター「マナちゃん」が、聖火を運んでいます。
動物たちの必死な表情、得意げな表情もよく見ていただきたいです。

感染防止対策をとりながらの制作活動でしたが、今回も無事に飾り付けを終えることができ、部員一同ほっとしています。(I.J)

アトリウム装飾の前日準備をするチャオ装飾部会員

前日準備

アトリウムの飾り付けを行うチャオ装飾部会員

飾り付け作業

チャオ装飾部会メンバーによる生涯学習センターアトリウムの装飾

飾り付け完了

環境部会 カラフルな夏咲きの花とゴーヤ苗を植えました

令和3年5月25日(火曜)

今年は思いのほか梅雨入りが早く空模様を心配していましたが、部員のパワーがすごいのか夏を思わせる陽気で日照りをジリジリ感じるなか、花壇とプランターの植栽を予定通り終えました。

チャオのベストを着用して活動していると「ボランティアさんがお世話されていたのね。」「ゴーヤがたくさん実るといいですね。」「ありがとう。ごくろうさま。」とセンターを利用される方々がお声をかけてくださり、新しいボランティア仲間が増えるといいなと大きな期待!

2週にわたって土作りをしておいた花壇には黄色い大輪のマリーゴールドを囲むように、ベゴニア・ジニア、プランターにはアゲラタム・日々草・八重咲きベゴニア・ゼラニウム・ガザニアを植えました。
日陰とりのカーテンになるようゴーヤも植えました。

夏の暑さに負けずカラフルな花を咲かせ、ゴーヤのつるがネット一面に伸びたくさんの実をつけてくれると嬉しいです。(N.Y)

ゴーヤの植え付けjをするチャオ会員

ゴーヤ植え付け準備

ゴーヤとゴーヤネット

ゴーヤネットを張りました

チャオ環境部会が植えた花壇の様子

たくさんの花を咲かせてね

新年度の活動がスタートしました

令和3年5月18日

総会を開催しました。
昨年度の事業報告と決算報告の後、役員の改選、新年度事業計画と予算案について審議し、議案の全てが承認され、気持ちも新たに令和3年度の活動がスタートしました。

昨年に引き続き感染防止対策を十分に行ないセンター事業のサポートを中心に各部会が従来の活動に近づくように考え充実させていきます。

今年度は、市民の皆さんが楽しみにしてくださっている「チャオとあそぼう」を令和3年8月7日(土曜)に予定しており、安心・安全に開催できるよう準備を進めています。
他に、会員のスキルアップを図るための研修も実施します。

会長から「市民の皆さんのお役に立てるように、会員の知恵と力で楽しいボランティア活動をしていこう!」とのエールを受けて、会員の気持ちがひとつになりました。(N.Y)

令和3年度チャオ総会の様子

チャオ総会 ソーシャルディスタンスをとって開催

「膳所幼稚園の子どもたちとお茶摘み」 環境部会

令和3年4月27日(火曜)

平成28年10月、生涯学習センター大規模改修事業完工の記念植樹として、膳所幼稚園の子どもたちと一緒にお茶の木を植えました。
以来5年目を迎えた4月27日、後輩のペンギン組約20名が茶摘み、茶もみ体験に来てくれました。

手洗いをし、茶摘みカップを首からぶら下げて、茶摘み開始。
一芯三葉をつまんで取るよう説明を聞いて、茶摘みにチャレンジ!
カップに一杯取れたところで和室に戻りました。
茶葉を電子レンジで1分熱して(蒸した状態になる)両手で揉み、再度電子レンジにかけて揉むのを繰り返しました。

一段落したところで一週前にチャオ会員が作っておいたお茶を入れて、皆で飲みました。
子どもたちからは「あまい!」「いい香り!」「おいしい」との評価をもらいました。
今回の体験で膳所茶を知ってもらえたと思います。(O.K)

茶摘みをする園児たち

茶摘み

茶もみをする園児たち

茶もみ

装飾部会 アトリウム飾り付け「どうぶつたちのオリンピック」

令和3年3月19日(金曜)

今回は「東京2020オリンピック」にちなんだ飾り付けです。
動物たちが、いろんなスポーツを力いっぱいがんばっています。
「エイッ!」「それ!」「チョレイッ!」と、気合いの入った声が聞こえてきそうではありませんか?

スポーツをする人も見る人も、安心して存分に楽しめる日が早く来ますように、と願いながら制作しました。

アトリウム飾り付けする様子

飾り付け作業

アトリウム飾り付け完了

飾り付け完了

「春の花のフラワーアレンジメント」

令和3年2月16日(火曜)
マナちゃんセミナー「春の花のフラワーアレンジメント」を開催しました。検温、手指消毒、換気などコロナウイルスへの対策をとり、受講者人数も絞り3回に分けて実施しました。
チューリップ、ガーベラ、スイトピー、スプレーバラ、など色とりどりのたくさんの花を使って、アレンジメントを作りました。
講師の岩見理沙子さんから、花材の紹介、オアシスの扱い方、基本的なアレンジメントの作り方などの説明を聞き、その後は各自で作り上げました。最後はラッピングの方法も教えていただき、花屋さんのような仕上がりとなりました。
まだまだ続くコロナ禍の中ですが、色鮮やかな春の花々を前に心はずむひとときを過ごし、気持ちも軽くなりました。

花材や作り方の説明

花材や作り方の説明

出来上がった作品の様子

出来上がりました

ラッピング

ラッピング

全体研修会「しめ縄づくり」

令和2年12月24日(木曜)
お正月を前に、しめ縄づくりをしました。講師の上村先生に、縄の綯い方や手順、こつを説明していただき、その後各自で縄綯いをしました。
経験者はすぐに勘を取り戻し、手際よく仕上げたり、さらに太い縄に挑戦したりしていました。初めての人は、最初はきつく撚りがかからなかったり、2つの束が均等にねじれなかったりしましたが、上村先生に教えていただきながら徐々に美しく仕上げることが出来るようになりました。
縄が出来上がると、松や稲穂、水引などをあしらって、リースなどに仕上げました。手作りのしめ縄を飾って、すがすがしい気持ちで新しい年を迎えたいと思います。

チャオでは毎年、マナちゃんセミナーで「親子でしめ縄づくり」を開催していましたが、今年度はコロナウイルスの影響でこの事業の開催は見送りました。来年は、多くの皆さんにしめ縄づくりを楽しんでもらえることを願っています。

作る様子

力を込めて、心を込めて。

出来上がったしめ飾り

出来上がったしめ飾り

出来上がった稲穂が付いたしめ飾り

装飾部会 アトリウム飾り付け「オズの魔法使い」

令和2年12月18日(金曜)
竜巻に吹きあげられた少女ドロシーは,愛犬トトとともに不思議な国へ舞いおります。そして、知恵が欲しいカカシ、勇気が欲しいライオン、心が欲しいブリキの木こりに出会い、一緒に旅をします。
「オズの魔法使い」は、120年も前に出版され、今も子どもたちに大人気のお話で、アニメや映画、ミュージカルにもなっています。「どんなお話だったかな?」と思い出しながら、ちょっと足を止めて見ていただけたら嬉しいです。
コロナウイルスの感染対策をとりながら、3か月かけてこつこつと制作しました。どんな材料を使おうか、どう作ったら軽くて丈夫かな…と知恵を絞りながら作業をしています。飾り付けを終えて作品を見上げるときには、何とも言えない達成感があります。

飾り付け作業

飾り付け作業

飾り付け完了

飾り付け完了

マナちゃんセミナー「お正月の切り絵作り」

令和2年12月10日(木曜)
今年度1回目のマナちゃんセミナーを開催しました。お正月のおめでたい図柄や来年の干支にちなんだ図案を型紙にし、切り絵を作りました。
チャオ会員が講師を務め、初めに材料・用具、切るときのコツ、アレンジのヒントなどを説明しました。型紙や色紙を選んだらその後は全員切り抜き作業に没頭。しんと静まりかえっていました。切りにくい箇所があったり、切り残しがあったり、指に力が入って痛くなったり、ということもありましたが、素敵な作品が出来上がりました。
参加者の皆さんからは、「一つのことに集中するこういう時間って、心の癒やしになりますね。」「大変やけど楽しいです!」「はがきに貼って、孫に送ります!」などの声が聞かれました。コロナ禍で心のゆとりを失いがちな毎日ですが、よい時間を過ごしていただけたようで嬉しかったです。

切る様子

黙々と切り抜きます

作品の様子

来年の干支にちなんで

琵琶湖博物館見学(総合サポート部会・部会研修)

令和2年12月2日(水曜)
6年をかけてリニューアルされた琵琶湖博物館を見学しました。
400万年前に誕生した琵琶湖の歴史が、自然や生き物、人の暮らしなどを通してわかりやすく展示されています。私たちの身近にある琵琶湖のさまざまな姿や、おもしろさを体験することができます。また屋外には、木々の間を歩いて巡る「樹冠トレイル」があり、広大な琵琶湖を眺めたり、森の動植物を観察したりすることができます。時間を忘れてしまうほど楽しく見学しました。

世界初となる半骨半身のゾウの展示

世界初となる半骨半身のゾウの展示

集合写真の様子

見学を終えて

木工教室「丑年の絵馬を作ろう」

令和2年12月1日(火曜)

チャオでは、各部会がそれぞれの持つスキルを活かして、会員向けに年一回研修等を企画しています。今回は、装飾部会による木工教室です。電動糸鋸機を使って来年の干支である牛の絵を切り抜き、絵馬を作りました。
電動糸鋸機が初めての人は、直線や曲線を切る練習をしてから取りかかりました。今回の図案は細かい部分や急な曲線もあって少々むずかしく、初心者も経験者も、真剣な表情で慎重に切っていました。切り抜いたあとは、丁寧に紙やすりで磨き、思い思いに彩色して、個性あふれるすてきな絵馬が出来上がりました。明るい気持ちで新しい年を迎えることが出来そうです。

電動糸鋸機で切り抜きする様子

電動糸鋸機で切り抜き

しっかり押さえて慎重にする様子

しっかり押さえて慎重に

出来上がった丑年の絵馬

出来上がった丑年の絵馬

「ミニ・サイエンス屋台村2020」に出展

令和2年11月23日(月曜)
「ミニ・サイエンス屋台村」が開催されることになり、科学館から参加要請があったとき、「えっ!!」と思いました。しかしコロナ禍で何もかも中止のなか、参加することに意義があると思い参加を決めました。
当日参加してみると、各ブースにこれ以上コロナ対策があるかというほど、消毒液、フェイスガード、などなど、いっぱい、いっぱい。
100名の人々を対象に10ブースの出展があり、私たちは「紙コップのロケットを飛ばそう」を用意しました。子ども達の作る姿、ロケットをとばすとき、飛んだ時、びっくりして目をつぶる姿のかわいさや、楽しそうに競争している姿に、楽しさのおすそ分けをもらいました。参加した喜びを感じることが出来た1日でした。

紙コップのロケット

紙コップのロケット

会場の様子

楽しく作って飛ばしました

花壇の植替えをしました

令和2年11月17日(火曜)

環境部会は年間2回、花壇、プランターの植え替えを行い、維持管理を行っています。
花壇のレイアウトは事前に会員が考え設計図を作成し、1週間前には土つくりをしました。
今回の花壇は、お正月に向けて中央に葉ボタンを配置し、その周囲にノースポール、パンジー、デージーを植えました。パンジーの株間にはチューリップの球根も植え込みました。プランターにも、パンジー、葉ボタン、デージー、ナデシコなどを植えました。
色とりどりの花が咲きそろうことを楽しみに、お世話をがんばりたいと思います。

花壇に植え付けする様子

花壇に植え付け

プランターに植え付けする様子

プランターに植え付け

植え付け完了

植え付け完了

「押し花アート」教室(市民対象)

令和2年10月27日(火曜)

環境部会による自主企画「押し花アート」教室を開催しました。会員2名が講師を務め、作業手順やポイント、押し花の作り方などの説明をしました。
パンジー、アジサイ、キバナコスモス、レースフラワーなど、色鮮やかな押し花は、環境部会の会員が、センターで育てた花や持ち寄った花を押し花にし、準備しました。
彩りや配置を考えてから、はがきの粘着面にひとつずつピンセットで花を置き、和紙をかぶせてレジンを塗り、乾いたら完成です。参加者の皆さんは、花の色や形をよく見て、どの花をどう組み合わせるか考えながら、じっくりと作品を作り上げていました。
コロナ禍の中ですが、心華やぐひとときを過ごすことが出来ました。

組み合わせを考えながら作業する様子

組み合わせを考えながら

ピンセットで丁寧に貼る様子

 ピンセットで丁寧に

完成の様子

できあがりました

会員向け企画「グラウンド・ゴルフでリフレッシュ」

令和2年10月5日(月曜)
チャオには3つの部会があり、各部会がそれぞれの持つスキルを活かして、会員向けに年一回研修等を企画しています。
今回は、総合サポート部会による企画で、矢橋帰帆島のグラウンド・ゴルフ場にてプレーしました。初体験の人もいれば腕に自信のある人もいましたが、声援を送ったり一緒に悔しがったり…和気あいあいと、3コース24ホールを回りました。
コロナ禍の中、3密対策をとりながらでしたが、よく歩き身体を動かして、心身ともにリフレッシュできました。

プレーの様子
記念撮影の様子

装飾部会 アトリウム飾り付け「西遊記」

令和2年9月30日(水曜)
三蔵法師が、孫悟空、猪八戒、沙悟浄をお供に、経典を求めて天竺への旅をする物語「西遊記」が今回のテーマです。
コロナウイルスの影響で、9か月ぶりの飾り付けとなりました。活動休止期間もあり、活動再開から3か月。登場人物、背景、小道具など、各自工夫しながら、また知恵を出し合いながら、コツコツと制作しました。
これからもしっかりと感染対策をとりながら、次回作に向けてがんばって制作します。
 

飾り付け作業

飾り付け作業

「西遊記」完成

「西遊記」完成

全体研修会「麒麟が来る 明智光秀と坂本」

令和2年9月28日(月曜)
「大河ドラマ 麒麟が来る」で話題の比叡山坂本と明智光秀ゆかりの西教寺を訪ね、歴史文化の研鑽を図りました。
会員がガイドを務め、穴太衆積石垣、日吉大社、西教寺、生源院等を巡りました。コロナ対策に気を配りながらも、さわやかな秋晴れのもと、興味深い話が聞けて有意義な研修となりました。また、コロナの影響で行事も減る中、久々に顔を合わす会員もいて親睦を図ることもできました。

 

西教寺本堂前の様子

西教寺本堂前にて

生源寺の様子

生源寺にて

花壇・プランターの植え替えを行いました

令和2年6月16日(火曜)
環境部会では、春・秋の年2回センター玄関前の花壇・プランターの植え替えを行い、維持管理を行っています。
今年も5月に春花壇の植え付けを予定していましたが、新型コロナウイルス感染防止対策のため1か月遅れての実施となりました。花壇には、ベゴニアとジニア、プランターにはベゴニア、ゼラニウム、ガザニア、ゴーヤ等の苗を植えました。暑い中、マスクをつけ3密を避けての作業でしたが、花壇やプランターがやっときれいに整って、ほっとしました。これから水やりなどのお世話を続けていきます。

チャオは、令和2年4月より活動を休止しておりましたが、令和2年6月から活動を再開しました。感染防止対策を十分にとりながら、楽しく活動していきたいと思っています。

花壇に花の苗を植え付けする様子

花壇に花の苗を植え付け

プランターに植え付けする様子

プランターに植え付け

植え付け完了

植え付け完了

作品が焼き上がりました。 装飾部会自主企画「陶芸教室」

令和2年3月3日(火曜)

令和1月31日に作陶した作品を、素焼き、施釉、本焼きし、令和2年3月3日に窯出しをしました。花器、皿、カップ、小鉢、箸置きなど、思い思いに作った作品が、どれも素敵に焼き上がりました。
みなさん自分の作品を満足げに手に取り、大事に持ち帰ってくださいました。

初めて陶芸をされる方も多かったですが、
 「初めてなのにこんなのができるとは思わなかった!」
 「すごく楽しかったです。」
 「このお皿に和菓子のせていただきます。」と、
 喜んでいただくことができ、部員一同うれしく思っています。

窯出しされた作品

窯出し

焼き上がった作品

焼き上がった作品

「押し花アート」研修会

令和2年2月20日(木曜)

環境部会による『押し花アート』研修会(会員向け)を開催しました。
アジサイ、スイセン、パンジー、かすみ草など、色鮮やかな押し花が用意され、押し花や材料の扱い方、注意点、作業手順を聞いた後、各自制作しました。どの花を使うか、どう組み合わせるか、迷いながらもワクワクして作りました。
できあがった作品はどれも素敵で、一足早く春が来たようでした。

押し花アートを受講するチャオ会員

組み合わせを考えながら制作

押し花材料を配置する様子

どの花もきれいで迷います

完成した押し花アート作品

できあがりました

「春の花のフラワーアレンジメント」

令和2年2月13日(木曜)

令和元年度マナちゃんセミナー「春の花のフラワーアレンジメント」を開催しました。
昨年に続き2回目の開催です。
午前の部と午後の部の合わせて50名の方に参加していただきました。

チューリップ、スイートピー、スプレーバラ、アルストロメリアなどの春の花を使って、アレンジメントを作りました。

初めに講師の岩見理沙子さんから、花材の紹介、茎の切り方や挿し方などの説明を聞きました。
その後は、基本を踏まえながら各自で思い思いに作り上げました。
使用した花材は同じでも、それぞれ個性あふれる作品ができあがり、互いに作品を見合うのも楽しかったです。

春の花の彩りと香りに包まれ、たくさんの笑顔があふれるひとときとなりました。

講師からの説明を受ける受講者

花材や作り方の説明

完成したフラワーアレンジメント

出来上がりました!

県外研修

令和2年2月8日(土曜)

県外研修で、福井市自然史博物館を訪問しました。
博物館では、ボランティアスタッフ40数名が、植物分野・昆虫分野・骨格標本分野及び
行事補助などに分かれ活発に活動されています。

出口学芸員の案内で施設見学をした後、骨格標本作製ボランティアのみなさんと交流しました。
ボランティアの皆さんの活動への熱意を感じることができ、有意義な研修となりました。

午後は同館分館のセーレンプラネットの展示室、ドームシアターでプラネタリウムを見学し、
宇宙の魅力を身近に感じるひとときとなりました。

 

学芸員さんに館内を案内してもらうチャオ会員

館内と案内していただきました

福井市自然史博物館のボランティアさんらと交流するチャオ会員

ボランティアの皆さんと交流

マナちゃんセミナー「親子でしめ縄づくり」

令和元年12月22日(日曜)

講師の上村先生から、しめ縄の由来や意味について話を聞いた後、お手本を見て練習しました。

最初は縄にならなかったり、きつく捻じれなかったりする人もいましたが、一生懸命何度もやっているうちにコツが分かってどんどん上達。
本番の縄が出来上がると、松や稲穂、水引きなどを思い思いに飾り完成です。

自分でがんばって作ったしめ縄に、満足そうな笑顔がいっぱいでした。

しめ縄づくりに挑戦するセミナー参加者

手のひらに力を入れて

完成したしめ縄を手にするセミナー参加者

いいのが出来ました!

装飾部会 アトリウムの飾り付け「ねずみの嫁入り」

令和元年12月19日(木曜)

「ねずみの嫁入り」の作品を、アトリウムに飾り付けました。

ねずみが娘の嫁入り先を探して、太陽、雲、風、壁に会いに行きますが、壁に「壁をかじるねずみが一番えらい」と言われ、ねずみの若者と結婚することになる、というお話です。

来たる令和2年は子年(ねどし)。
よい年になりますようにとの思いを込めて制作しました。
紋付羽織はかま、花嫁さんなど、おめでたい雰囲気になったと思っています。

また、前作の「さるかに合戦」は、近江八幡市の紫雲保育園に引き取っていただくことになり、
苦心して制作した作品がまた活用されることをうれしく思っています。

生涯学習センターアトリウムの装飾をするチャオ装飾部会員

各パーツを取り付けます

生涯学習センターアトリウムに飾られた「ねずみの嫁入り」

「ねずみの嫁入り」

全体研修会

令和元年12月4日(水曜)

全体研修会を行い、歴史博物館と伝統芸能会館を訪れました。


歴史博物館では、森嵜館長、和田副館長から博物館の概要や常設展示の内容について解説をいただきました。

その後、ミニ企画展「大津祭」や「大津絵」の展示を見学し、大津の歴史と文化の魅力に触れることが出来ました。
また、伝統芸能会館では、施設の概要、能の歴史、能舞台の造り等を説明していただき、その後は舞台に上がって見学させていただきました。

2つの施設はこれまでにも訪れたことはありますが、今回の研修で、非常に充実した施設であることを再認識しました。
また、大津市民のひとりとして、豊かな歴史と文化を共に学び未来に引き継いでいくことの大切さを学んだ1日でした。

歴史博物館を見学するチャオ会員

歴史博物館 ミニ企画展を見学
(館の許可を得て撮影)

伝統芸能会館を見学するチャオ会員

伝統芸能会館 舞台上で見学

木工教室「子年の絵馬を作ろう」

令和元年12月3日(火曜)

装飾部会による木工教室(チャオ会員向け)を開催しました。
電動糸鋸機を使って、来年の干支であるネズミの絵を切り抜き、絵馬を作りました。
糸鋸機が初めての人は、本番の前に端材を使って練習しました。
細かい切り抜き部分や鋭角に曲がるところなどにやや苦戦しながらも、刃の先をじっと見つめて、みな真剣に取り組んでいました。
やすりかけ、色つけなどの仕上げをして、個性豊かな作品が出来上がりました。

電動糸鋸機で切り抜くチャオ会員

電動糸鋸で切り抜きます

木工教室で作った子年の絵馬

出来上がった子年の絵馬

花壇・プランターの植替えをしました

令和元年11月19日(火曜)

環境部会が花壇の植え替えをしました。
葉ボタン、パンジー、デージーなどの苗を植えこみ、花壇には、株間にチューリップの球根も植え込みました。
春には色とりどりの花が咲きそろうことを楽しみにしています。
環境部会は今年度部会員が増え、みんなで協力して作業もはかどりました。

生涯学習センター内の花壇で植替え作業をするチャオ会員
花壇の植替え作業完了

全体交流会 研修「写真で巡る膳所城下町」膳所城跡公園と膳所の五社

令和元年10月29日(火曜)

この日は「膳所歴史探訪ウォーク」と題して、膳所城跡公園から膳所神社等を経て茶臼山公園までを歩く予定でしたが、朝からあいにくの雨模様でやむなく中止となりました。

そこで、センター内で研修と交流会を実施しました。

講師は、膳所在住のチャオ会員、田中勇一さんが務めてくださり、昔の膳所城のようすや膳所五社それぞれの特徴を、スライドショーやマップを用いて、詳しく解説していただきました。

初めて知ることも多く興味もふくらんで、さまざまな質問が出ました。

研修でスライドショーをみるチャオ会員

講師による説明

研修で講師の話に聴き入るチャオ会員

興味深く聞きました

「科学の祭典」に出展しました

令和元年10月27日(日曜)

びわ湖大津館にて「2019青少年のための科学の祭典」が開催されました。
チャオは、「ビーズで作ろう!逆さごま」と「ストローハーモニカ」の2つのブースを出展し、たくさんの子どもたちと楽しい時間を過ごしました。

「ビーズで作ろう!逆さごま」では、4個のビーズをくっつけてコマを作ります。
コマは、回しているうちに軸が移動して逆さまになって回ります。
「あっ、キノコみたいになった!」「不思議やね」と、子どもたちは、面白さを体験していました。

「ストローハーモニカ」では、密閉されたストローの中で空気が振動し音が出ます。
また、ストローの長さによって音の高さが変わります。
音を出すのは、なかなか難しいですが、うまく音が出るととても嬉しそうでした。

逆さごまに挑戦する子どもたち

ビーズで作ろう!逆さごま

ストローハーモニカに挑戦する子どもたち

ストローハーモニカ

装飾部会 アトリウム飾り付け「3匹の子ぶた」

令和元年9月19日(木曜)

今回の飾り付け作品は、「3匹の子ぶた」です。

頬をふくらませて家を吹き飛ばそうとするオオカミ、飛んでいきそうな藁(わら)の家、壊れて飛んでいく木の家、丈夫なレンガの家でホッとする仲良し子の子ぶた3兄弟。

どうやって作ろうかと苦心しながらも、とっても楽しんで作りました。

童心にかえって、物語のひとこまを思い出していただけたら嬉しいです。

また、6か月展示していた前回作品の「はだかの王様」は、市内在住の方に引き取っていただき、別の場で活用していただくことになりました。

生涯学習センターアトリウム装飾のパーツを取り付けるチャオ装飾部会メンバー

各パーツの取り付け

完成したアトリウムの装飾「3匹の子ぶた」

「3匹の子ぶた」

環境部会自主企画 エコエコクッキング「ゴーヤ料理のアレコレ」

令和元年9月3日(火曜)

夏の間、グリーンカーテンとして日差しをさえぎって、見た目にも涼しく、たくさん実ったゴーヤ。

ビタミンCもたっぷりで栄養満点のゴーヤを使って、「ゴーヤのカレー炒め」「ゴーヤのマヨネーズ炒め」「ゴーヤと肉団子のスープ」などを作りました。

ゴーヤの苦みを和らげて食べやすくする工夫があり、ゴーヤ料理のレパートリーが増えたと参加者の方にも喜んでもらえました。

また、「エコエコクッキング」ということで、最初から最後まで「エコ」を意識して活動しました。
米のとぎ汁で野菜を洗ったり、自分の箸を持参したり、汚れた食器は古布などで拭き取ってから洗ったりして、意識を高めることが出来たと思います。

「エコエコクッキング」で調理中の受講者のみなさん

エコを意識しながら、楽しく調理

「エコエコクッキング」で完成したゴーヤ料理

出来上がったゴーヤ料理

「エコエコクッキング」で出来上がったゴーヤ料理を試食する受講者のみなさん

「これ美味しい♪」楽しく会食

「チャオとあそぼう」を開催しました

令和元年8月10日(土曜)

子どもたちを対象に楽しいものづくりや遊びの場を提供するため、「チャオとあそぼう」を開催しました。

夏休みのひととき、来場者とチャオ会員とのふれあいの場なりました。
 

今年は、オープニング演奏として粟津中学校吹奏楽部のみなさんに出演いただき、「ドラえもん」「小さな恋のうた」などすてきな演奏で盛り上げていただきました。

約300名の方に来場いただき、各ブースでは、ものづくりに熱中したり、何回も楽しんだりする子どもたちの姿が見られました。

「チャオとあそぼう」オープニング演奏をする粟津中学校吹奏楽部のみなさん

粟津中学校吹奏楽部の演奏

「ネームプレート」ブースで熱心に取り組む子どもたち

ネームプレート

「いもむしコロコロ」ブースで熱心に取り組む子どもたち

いもむしコロコロ

装飾部会自主企画「陶芸教室」作品完成

令和元年8月6日(火曜)

7月10日に装飾部会自主企画「陶芸教室」で作陶した作品を、素焼き、施釉、本焼きし、8月6日に窯出しをしました。
わくわくしながら窯出し作業を行った後、受講者の皆さんは、自分の作品の出来栄えを確認したり、互いの作品のよさをほめ合ったりしておられました。

焼き上がった作品は、どれも個性的で力作ぞろい。
満足気に作品を持ち帰られる受講者の皆さんの様子を見て、装飾部会員一同、うれしく思うとともに、ほっとしました。

装飾部会自主企画「陶芸教室」で作った作品を窯出しする様子

いよいよ窯出し

「陶芸教室」の完成作品

力作がずらり

「サイエンス屋台村2019」に出展

令和元年8月3日(土曜)

今年も、生涯学習センターで開催された「サイエンス屋台村2019」に出展し、「リングリンググライダー」、「まわしてみよう」の2ブースを提供しました。

「リングリンググライダー」は、ストローの両端に帯状の輪(リング)をつけるだけの簡単な構造ですが、意外によく飛ぶので、子どもたちは驚いていました。
どうしたらまっすぐより遠くに飛ぶのか、飛ばし方を変えて何度も試していました。

「まわしてみよう」は、1枚の紙を、予め印刷した線にそって山折・谷折に折りたたんでいきます。
すると、4面体が8個つながって輪になったものとなり、中心からひっくり返すと外側にくるくると回転します。
作るには根気が要りますが、くるくると回転するその不思議な動きにひきつけられていました。

作ったリングリンググライダーを飛ばす子どもたち

「リングリンググライダー」
遠くへ飛ばそう

「まわしてみよう」を作る子ども

「まわしてみよう」
丁寧に折りたたむ。

遊ぶ様子

「まわしてみよう」完成!

総合サポート部会自主企画「みんなの映画会」

令和元年7月26日(金曜)

総合サポート部会では、7月26日、大津市生涯学習センター視聴覚室において「みんなの映画会」を開催しました。

今回の映画は『みすゞ』です。
大正時代の童謡詩人としてすぐれた作品を残した「金子みすゞ」が、26歳の若さでこの世を去るまでの数年間を綴った感動の人間ドラマです。

部会員による詩の朗読の後、50名を超える参加者とともに、映画鑑賞を楽しみました。

大津市生涯学習センター視聴覚室でチャオ自主企画「みんなの映画会」開催の様子

映画『みすゞ』を鑑賞

装飾部会自主企画「陶芸教室」

令和元年7月10日(水曜)

今年度1回目の陶芸教室を開催しました。

今回もリピーターの方や陶芸経験者が多数おられ、作りたいものを具体的に決めて参加されている方が多いようでした。

自分のイメージに近づくよう、黙々と作陶に取り組んでおられました。
陶芸が初めてという方も数名おられましたが、講師の説明を熱心に聞いて、何度もやり直しながら「ひも作り」で粘土を積み、すてきな作品を仕上げておられました。

「ここはどうしたらいいのかな」「ここが上手くいかない」という声には、講師とチャオのスタッフ4名で知恵を絞って助言したり、上手くいかないところを手伝ったりしました。

作品は今後、乾燥、素焼き、釉かけ、本焼きを経て、8月6日(火曜)に窯出しをし、作品をお渡しする予定です。焼き上がりがとっても楽しみです。

陶芸教室で講師の説明を聴く受講者のみなさん

講師の説明を熱心に聞いて

陶芸教室で作陶に取り組む受講者

思い通りの形になってきた

環境部会の活動

令和元年7月3日(水曜)

環境部会では、春・秋の年2回、生涯学習センター玄関前の花壇・プランターの植え替えを行い、水やりなどの維持管理を行っています。

令和元年5月21日(火曜)に植え替え作業を行いました。
花壇・プランターには、ベゴニア・アゲラタム・ゼラニウム・ジニアなどを植えました。
また、ゴーヤの苗もプランターに植えつけ、ネットを取り付けました。

夏の暑さに負けず元気に咲き続けるよう、部会員全員でお世話をしています。
7月の今では、ゴーヤも背丈を超すほどに生長したくさんの花をつけています。
実の収穫も楽しみです。

花壇に花の苗を植え付けるチャオ環境部会

花壇に花の苗を植え付け

ゴーヤの苗を植え付けるチャオ環境部会

ゴーヤ苗を植え付け(5月21日)

チャオ環境部会が植えたゴーヤが生長して大きくなった様子

茂ってきました(7月3日)

装飾部会 アトリウムの飾り付け「さるかに合戦」

令和元年6月26日(水曜)

3か月かけて制作した「さるかに合戦」をアトリウムに飾り付けました。

「早く芽を出せ、柿の種」と水やりをするカニ。
自分は熟れた柿を食べながら、青柿をカニにぶつける意地悪なサル。
サルをやっつけようと力を合わせる子ガニたちと栗、ハチ、うす…。

童心にかえって、お話のひとこまを思い出していただけたら嬉しいです。

チャオ装飾部会によるアトリウムに飾りのパーツの取り付け

各パーツを取り付けます

チャオ装飾部会により取り付けた飾りつけ

「さるかに合戦」

ニュースポーツでリフレッシュ

平成31年3月22日(金曜)

チャオでは、各部会の持つスキルを生かして、会員向けの研修を行っています。

今回は総合サポート部会の企画で、「カローリング」と「スマイルボウリング」の2つを紹介していただき、競技しました。

ニュースポーツは、子どもから高齢者まで、「いつでもどこでも誰とでも気軽に楽しめるスポーツ」として盛んにおこなわれているそうです。
実際にやってみると、技能を気にせず、みんなで無理なく楽しむことができました。
生涯スポーツとしてこれからも取り入れていきたいと思いました。

カローリングを競技するチャオ会員

カローリング

スマイルボウリングを競技するチャオ会員

スマイルボウリング

マナちゃんセミナー「春の花でフラワーアレンジメント」

平成31年2月24日(日曜)

当センターにて、平成30年度マナちゃんセミナー「春の花でフラワーアレンジメント」を開催しました。

バラ、スイートピー、カーネーション、スプレーストックなど色とりどりの春の花がたくさん用意され、見るだけで華やいだ気分になりました。
講師の岩見理沙子さんから、オアシス(吸水フォーム)の扱いや花材の切り方、基本的なアレンジメントのつくり方などを聞き、それぞれすてきなアレンジメントを作ることができました。
ラッピングの仕方も教えていただき、家で飾るを楽しみに、大事に持ち帰りました。

マナちゃんセミナー「春の花でフラワーアレンジメント」受講の様子

花材や作り方の説明

マナちゃんセミナー「春の花でアレンジメント」で出来上がった作品

出来上がりました

県外研修

平成31年2月16日(土曜)

県外研修で、いせトピア(伊勢市生涯学習センター)を訪問しました。

センター長の案内で施設見学をした後、ボランティアのみなさんと交流しました。
それぞれの活動の紹介、課題となっていることなど、活発な話し合いができました。
参考となるお話もたくさんあり、有意義な研修となりました。

チャオ県外研修いせトピア施設見学

センター内を案内していただきました

チャオ県外研修いせトピアボランティア交流会

活発な話し合いができました

花壇の植替えをしました

平成30年11月13日(火曜)

環境部会のメンバーで、花壇の植替えをしました。

1週間前に土つくりをしておいた花壇には、ノースポール、ハボタン、パンジーを配置し、その株間にはチューリップの球根も植え込みました。また、プランターには、デージー、ナデシコ、パンジーなどを植えました。

季節はこれから寒い冬に向かいますが、春には色とりどりの花が咲きそろうことを楽しみにしています。

チャオ環境部会による花壇の植え付けの様子

花壇に植え付け

植え付けが完了した花壇

植え付け完了

新しくプランターに植え付けた葉ぼたん

プランター

マナちゃんセミナー「みんなでうたおう 楽しくゴスペル」

平成30年11月9日(金曜)

当センター1階ホールにて、平成30年度マナちゃんセミナー「みんなでうたおう 楽しくゴスペル」が開催されました。

出演いただいたのは、「もりゴス since2015」のみなさんです。
パワフルな歌声と心から楽しんで歌う様子に、参加者全員がぐいぐい引き込まれ、一緒に歌ったり、リズムを刻んだり、身体を動かしたりと、あっという間に時間が過ぎました。

チャオはこの催しの企画・運営に携わりました。参加者の楽しそうな様子が見られて嬉しく思っています。

「もりゴスsince2015」のみなさん

「もりゴス since2015」のみなさん

「みんなでうたおう~楽しくゴスペル~」でアンコールを受ける様子

アンコール曲「Oh Happy Day」

「科学の祭典」に出展しました

平成30年10月28日(日曜)

びわ湖大津館にて「2018青少年のための科学の祭典」が開催されました。

私たちチャオからは、「ペーパークロマトグラフィー」と「ストローハーモニカ」の2つのブースを出展しました。

「ペーパークロマトグラフィー」では、水性カラーペンのインクの色が毛細管現象でろ紙の中を移動することによって色が分かれ、不思議な模様が出来ます。
変化する様子を一生懸命見つめる子どもたちの姿が印象的でした。

「ストローハーモニカ」では、密閉されたストローの中で空気が振動し、音が出ます。
またストローの長さによって音の高さが変わります。
うまく音が出ると、子どもたちはとても嬉しそうでした。

どちらのブースも、たくさんの子どもたちでにぎわい、科学の不思議を感じながら楽しく過ごす時間になったと思います。

科学の祭典でペーパークロマトグラフィーに挑戦する子どもたち

ペーパークロマトグラフィー

科学の祭典でストローハーモニカをつくる子どもたち

ストローハーモニカ

全体研修会「お茶の話あれこれ」

平成30年9月28日(金曜)

朝宮茶製造元かたぎ古香園六代当主の片木明氏を講師に迎えて全体研修会を行いました。
昭和50年、農薬不使用のお茶の栽培を決意するに至った強い思い、害虫の発生に苦しみながらも試行錯誤し努力されたことをお聞きしました。

後半には、美味しいお茶の入れ方を丁寧に教えていただきました。
ぬるめの温度でゆっくり入れた煎茶をいただいたあとは、朝宮紅茶のフルーティーな香りとまろやかな味を楽しみました。
環境部会のメンバーが焼いてくださったお茶がら入りホットケーキも美味しく試食しました。

チャオ全体研修会講師の話を聴くチャオ会員

お茶の話あれこれ

研修会でお茶のいれ方をならうチャオ会員

美味しいお茶のいれ方

アトリウム飾り付け(装飾部会)

平成30年9月27日(木曜)

アトリウムの飾り付けをしました。
今回は、「世界中の子どもたちが」「山の音楽家」「手のひらを太陽に」「犬のおまわりさん」の4つの童謡にちなんだ飾り付けです。

これらの童謡には、動物、鳥、虫、楽器などがたくさん登場するので、それらの特徴をとらえて楽しみながら制作しました。
材料も、段ボールや和紙、新聞紙、針金や毛糸、端切れなど、さまざまなものを工夫して使っています。

童謡を口ずさみながら、何で出来ているのかな?と作品を見ていただけたらと思います。

アトリウム飾り付け「世界中の子どもたちが」,「山の音楽家」

「世界中の子どもたちが」,「山の音楽家」

アトリウム飾り付け「手のひらを太陽に」,「犬のおまわりさん」

「手のひらを太陽に」,「犬のおまわりさん」

エコエコクッキング 「ゴーヤ料理のあれこれ」 環境部会による会員向け企画

平成30年9月12日(水曜)

5月に植え付けた生涯学習センター玄関前のゴーヤ。
猛暑日が続いた今年の夏は水やりもたいへんでしたが、よく茂って、小さいながらもたくさん実をつけてくれました。
そこで、このゴーヤを収穫して美味しく食べよう!ということで、8月31日(金曜)に「ゴーヤ料理のあれこれ」と題し、チャオ会員向けに料理教室を開催しました。

レシピを見ながら作り方の説明を聞き、調理をスタート。米のとぎ汁で野菜を洗ったり、野菜の茹で汁はそのままスープに使ったりと、エコに気をつけながら「ゴーヤと肉団子のスープ」「ゴーヤの豚肉巻き焼き」「ゴーヤとパプリカのあえ物」の3品を作りました。
また、ゴーヤの若い葉は、天ぷらにしました。

どの料理も大好評で、苦みも気にならず、みんなで美味しくいただきました。ゴーヤの葉もサクサクと美味しかったです。

厳しい夏の日差しを遮って省エネに貢献し、さらに美味しい料理となって楽しませてくれたゴーヤにあらためて感謝です。

チャオ環境部会によるチャオ会員対象の料理教室の様子

協力して楽しく調理

チャオ環境部会による料理教室「ゴーヤ料理あれこれ」で完成した料理

ゴーヤ料理あれこれ

料理教室で出来上がった料理を試食するチャオ会員

美味しくいただきました

「サイエンス屋台村」に出展しました

平成30年9月5日(水曜)


8月4日(土曜)、大津市生涯学習センターにて「サイエンス屋台村」が開催されました。
私たちチャオは、「ペーパークロマトグラフィー」・「ビーズで作ろう(さかさごま)」・「ストローハーモニカ」の3つのブースを出展しました。
どのブースも盛況でたくさんの家族、子どもたちでにぎわいました。

ペーパークロマトグラフィーでは、色が分離して出来る不思議な模様や色合いに驚きの声が上がっていました。
ビーズで作ったこまは、回るうちに逆さになるので面白く、何度も回して楽しんでいました。
また、ストローハーモニカが出来上がると、いろんな音を出そうと一生懸命に吹いていました。

私たちもいっしょに、科学の不思議や面白さを楽しむひとときとなりました。

サイエンス屋台村でのペーパークロマトグラフィー

ペーパークロマトグラフィー

サイエンス屋台村でのビーズで作ろう

ビーズで作ろう(さかさごま)

サイエンス屋台村でのストローハーモニカ

ストローハーモニカ

力作が完成 装飾部会自主企画「陶芸教室」

平成30年8月23日(木曜)

装飾部会では、年間2回陶芸教室を開催しています。

7月12日(木曜)の陶芸教室には25名の方が参加してくださいました。
「こんなものが作りたい」「こんなイメージにしたい」というみなさんの強い思いが感じられ、私たちも精いっぱいサポートしました。

作品はその後、乾燥、素焼き、釉かけ、本焼きを経て、8月8日(水曜)に窯出しをし、同日作品をお渡ししました。
焼き上がった作品はどれも力作ぞろい。
自分の作品をあちこちからながめ、大事に持ち帰っていかれる様子を見ると、私たちも嬉しくなりました。

次回は1月23日(水曜)に開催予定です。たくさんのご参加をお待ちしています。

「陶芸教室」で熱心に作陶する受講者

熱心に作陶

「陶芸教室」で完成した作品

焼きあがった力作

アトリウム飾り付け「うらしま太郎」(装飾部会)

平成30年7月10日(火曜)

6月29日(金曜)、アトリウムの飾り付けをしました。
「♪むかし むかし うらしまはー」
誰もが知っている「うらしま太郎」の童謡が今回のテーマです。

亀に乗り深い海の底へと向かう浦島太郎、きらびやかな竜宮城、色とりどりの海の生き物たち、あでやかな乙姫様…一つひとつ思い描きながら制作しました。
それぞれに制作したものがこうして一つにまとまると、何とも言えない達成感があります。

「うらしま太郎」の歌詞は、実は5番まであります。
空間で広がる不思議な海の世界を見上げながら、ゆっくりと思い出して、誰かといっしょに口ずさんでみませんか。

アトリウム装飾「うらしま太郎」の写真

うらしま太郎

全体交流会「チャオの歴史探訪膳所五社めぐり」

平成30年5月31日(木曜)

5月28日(月曜)、ともに活動するチャオの仲間同士の交流を深めることを目的に、春の全体交流会を実施しました。センターからも3名参加いただき、充実した一日となりました。

生涯学習センターがある膳所の町には、かつて膳所城が築かれていました。城下町の町割りは今日にも引き継がれ、城門などが神社の門として残されています。

現在チャオの広報誌「ほんまる」の表紙で取り上げている膳所五社を中心に、見どころ満載、1万5千歩超のウォーキングとなりました。膳所在住会員2名がコースガイドをつとめ、各所で詳しい説明を聞くことができました。近くを通っていても気付いていなかった場所、知らなかったことがいっぱいで、膳所の町の魅力を再発見することができました。

石坐神社で説明を聞く様子

石坐神社

膳所神社で説明を聞く様子

膳所神社

花壇・プランターの植替えをしました

平成30年5月25日(金曜)

環境部会では、春・秋の年2回生涯学習センター玄関前の花壇・プランターの植替えを行い、水やりなどの維持管理を行っています。

5月15日、植替え作業を行いました。夏の暑さに負けず元気に咲き続ける花をと、ベゴニア・アゲラタム・ゼラニウム・ガザニア・ジニアなどを植えました。

また、ゴーヤの苗も植えつけました。大津市企業局から浄水発生土の提供を受け使用しました。浄水場で水をくみ上げきれいにする過程で発生する土をもとにして作った植栽土壌です。
これから、センターの皆さん、チャオのメンバーの協力を得ながら、元気なゴーヤを栽培しグリーンカーテンを茂らせたいと思います。

色とりどりの花壇、鮮やかなグリーンカーテンで、来館者の皆さんを涼やかにお迎えできればと思っております。 

花壇に花苗を植え付けるチャオメンバー

花壇に花苗を植え付け

ゴーヤを植え付けるチャオメンバー

ゴーヤを植え付け

広報誌「ほんまる」発行

平成30年5月1日(火曜)

チャオの広報誌「ほんまる」第294号を発行しました。 
「ほんまる」は、昨年度しばらく休刊していましたが、広報グループを立ち上げ、取材、記事集め、校正と会議を重ね、1月に復刊いたしました。今号は、それに続く2度目の発行となります。

表紙では、膳所五社めぐりとして「和田神社」を紹介しています。2~4頁は、チャオの活動の様子やお知らせ、生活に役立つ豆知識などの内容となっています。

ひとりでも多くのみなさまに「ほんまる」を手に取っていただき、楽しんで読んでいただけるよう、これからも紙面作りを工夫していきたいと思っています。

次回の「ほんまる」発行は、8月1日の予定です。

チャオ広報誌「ほんまる」編集会議の様子

チャオ広報誌「ほんまる」編集会議

チャオ広報誌「ほんまる」の表紙

チャオ広報誌「ほんまる」表紙

新年度が始まりました

平成30年4月23日(月曜)

4月18日、総会を開催しました。昨年度の事業報告と決算報告の後、役員の改選、事業計画と予算案について審議しました。すべての議案が承認され、気持ちも新たに新年度がスタートしました。 

今年もセンター事業のサポートを中心に各部会の活動を充実させていきます。
また、8月11日(土曜・山の日)に「チャオとあそぼう」を開催します。会員のスキルアップを図るため、研修も実施します。

市民の皆さんのお役に立てるように、そしてその中で自分を高め人とつながっていけるように、がんばっていきますのでよろしくお願いします。

チャオ総会での会長挨拶の様子

会長挨拶

生涯学習センターアトリウムの飾りつけ(チャオ装飾部会)

平成30年4月1日(日曜)

装飾部会では、年間4回、アトリウムの飾りつけを企画・制作しています。
現在のテーマは、「日本の童謡」です。今回は、「春の小川」、「ぶんぶんぶん」、「おべんとうばこのうた」、「おもちゃのマーチ」の4つの童謡にちなんだ飾りつけです。
廃材や身近な材料を使って、工夫しながら楽しんで制作しました。
1月から3か月かけてコツコツと制作し、3月30日に飾りつけをしました。

子どものころだれもが親しんだ歌、幼稚園や学校で歌った歌、親子で口ずさんだ歌。
親しい人と一緒に、思い出して歌っていただけたらうれしいです。

展示の様子「春の小川・ぶんぶんぶん」

春の小川・ぶんぶんぶん

展示の様子「おべんとうばこのうた・おもちゃのマーチ」

おべんとうばこのうた・おもちゃのマーチ

フラワーアレンジメント研修(全体研修会)

平成30年3月27日(火曜)

第2回全体研修会として、フラワーアレンジメント研修をしました。
バラ、ラナンキュラス、スイートピーなど、用意していただいた色とりどりの花々を見ただけで心が弾みます。花材の名前、オアシスの扱い方や、茎の切り方、さし方、基本的なアレンジメントの作り方を教えていただいた後は、各自のイメージで自由に活けました。
出来上がった作品は、それぞれに個性があり、どれもみな一番に咲き誇っていました。最後にラッピングの仕方も教えていただき、大切に持ち帰りました。

花に触れ、花を愛で、花を飾る。フラワーアレンジメントで心豊かなひとときを過ごしました。
気軽に花を飾って、くらしを彩るゆとりを持ちたいと思いました。

アレンジメントフラワーを制作している様子

各自のイメージで自由にアレンジメント

作ったアレンジメントフラワーをラッピングする様子

ラッピングでさらにかわいく

アレンジメントフラワー完成作品の写真

出来上がった作品  春満開です

チャオ総合サポート部会による会員向け企画「アフタヌーンティーへのお誘い」

平成30年3月16日(金曜)

会員相互の親睦と研修を兼ねて、「早春のティータイム」を企画しました。
最初にスリランカ紅茶の「セイロンディンブラ」、続いて日本産「日向花香(ひゅうがはなか)」をいただき、最後にインド産の「アッサム」をミルクティーでいただきました。
どれもまろやかで香りもよくおいしくいただくことができ、リラックスできました。

「紅茶をおいしくいれるコツ」を学ぶとともに、紅茶の思い出や、紅茶の印象を語り合いました。
また、ティータイムの間には、ビデオ研修として、「大津の名木」と「大津と芭蕉」を鑑賞しました。
紅茶を楽しみながら仲間同士の会話もはずみ、ほっと一息、よいティータイムでした。

チャオ会員相互の研修と親睦会の様子

なごやかにティータイム

チャオ企画「アフタヌーンティーへのお誘い」で紅茶を入れる会員

さて、次のお茶は…

「科学の祭典」に出展しました

平成29年10月29日(日曜)

びわ湖大津館にて「2017青少年のための科学の祭典滋賀大会」が開催されました。
私たちチャオは、"ペーパークロマトグラフィ"と"リングリンググライダー"の2つのブースを出展しました。
当日は、台風22号の襲来で来場者の出足が心配されましたが、チャオの2ブースとも盛況でたくさんの家族や子どもたちでにぎわいました。
ペーパークロマトグラフィのブースでは、水が浸透すると色が分離する様子に「不思議だ!面白い!」と声が飛び交い、リングリンググライダーのブースでは、自分たちの作った工作品どうしたらうまく飛ぶか考えながら飛ばしていました。
短い時間でしたが、私たちも来場者の皆さんと一緒に「科学」について学び機会を楽しみました。

ペーパークロマトグラフィの様子

ペーパークロマトグラフィ

リングリンググライダーの様子

リングリンググライダー

全体研修会

平成29年10月19日

大津市歴史博物館にて、企画展「大津の都と白鳳寺院」を見学しました。
見学に先立ち学芸員の寺島先生から、時代背景・塑像・せん仏についてのご講話をいただきました。
今年は、大津京遷都から1350年です。たった5年ほどの短命であったため、その実態の多くは分からないとのことですが、塑像・せん仏・瓦などその時代の文化財を見学し、遠い昔に思いをはせました。

大津市歴史的 寺島先生講話会場の様子

大津市歴史博物館 寺島先生講話

集合写真

チャオ 集合写真

この記事に関する
お問い合わせ先

教育委員会 生涯学習センター
〒520-0814 大津市本丸町6-50
電話番号:077-527-0025
ファックス番号:077-525-1490

生涯学習センターにメールを送る