大津市景観アドバイス制度

更新日:2021年04月07日

大津市景観アドバイス制度とは

大津市では、景観法の届出が必要な建築物や工作物で、周辺景観に大きく影響を与える行為等については、地域や周辺のまちなみに沿った良好な景観を導くため、デザインや緑化計画についてアドバイスを行う「大津市景観アドバイス制度」を実施しています。
この制度では、「景観づくり相談会」において、同席する景観アドバイザーとともに景観面の協議を行います。
その他、外壁改修など色彩についての相談も受け付けます。

景観づくり相談会の対象となるもの

  • 景観法第16条第1項第1号または第2号に規定する行為
  • 市の景観づくりに影響を与えると市長が認める行為

対象となるかどうかは、事前にご相談下さい。

景観アドバイザー

景観や建築の専門家に委嘱しています。

利用方法

相談会は不定期に行っています。

利用をお考えの方は開催希望日の3週間前までにまずご連絡下さい。

景観法の事前協議において、景観アドバイザーの助言が必要と判断した場合は、相談会を受けていただくことがあります。

相談会の進め方

相談会では、提出いただいた図面等を申込者(事業者もしくは設計者)でご説明戴き、景観アドバイザー・市の担当者で助言や質疑を行います。
図面の提出部数等は案件に応じて決まりますので、日程の通知と共にお知らせします。

この記事に関する
お問い合わせ先

都市計画部 都市計画課
〒520-8575 市役所本館3階
電話番号:077-528-2770
ファックス番号:077-527-1028

都市計画課にメールを送る